車改造トリビア

世界のキャンピングカーを動画で紹介しています。

廃車置場に武蔵野線転用改造車E231系等が置かれ、検査でトキ鉄車両が来る、長野総合車両センター。

廃車置場に武蔵野線転用改造車E231系等が置かれ、検査でトキ鉄車両が来る、長野総合車両センター。
平成31年2月5日(火)午後の、長野総合車両センターの様子。
武蔵野線転用改造車のE231系と、「踊り子」転用改造車のE257系の一部が、一時的に廃車置場に置かれフェンス越しに見える場所にありました。
また、昨日えちごトキめき鉄道ET122形K7編成が、所属先に戻ったと思われ、今度はET122形K1編成が検査のため、長野総合車両センターへ入区しました。
なお、着発線には先日落成したE353系S120編成の姿が有り、計4編成のE353系が疎開留置されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)